「PSNowって、どんなサービスなんだろう?」 「自分に合ったサービスなのかな?」 「どんなラインナップがそろっているんだろう?」 「料金に見合ったサービスなんだろうか?」 「もう解約したいけど、どうすればいいかわからない!」
プレイステーションナウ(PSNow)を始めてみたい人や、始めて間もないあなたはこんなことを感じているかもしれません。
PSNowとは 毎月1180円の料金を支払うことで、400種類以上のPS4やPS3のゲームを無制限にプレイできる定額制サービスです。 PSNowは、プレイステーション4パソコンのどちらかあれば利用することができます。(2020年4月)
ぼくは2017年からPSNowを始めて、今回で4度目の課金です。
2017年のPSNowでは、ひとつのゲーム単位でレンタルできるサービスがありました。 あまりゲームをする時間がなくなった自分にとって、すき間時間にゲームできるこのサービスはコスパがとてもよかったんですけど・・・ いつの間にか定額制サービスだけになってたので、PSNowを利用しなくなりました。
今回は1年ちょっとぶりの課金になるんですけど 「このPSNowって、どんな人にぴったりのサービスなんだろう・・・?」 と、課金するたびに感じています。
というわけで 今回はPSNowのメリットとデメリットをピックアップして、PSNowがどんな人におすすめなのか考えてみました!
あと 「課金する前に、解約方法をチェックしておきたい」 こういう人のために、解約方法も紹介しているので、最後までお付き合いくださいね!

PSNowのメリット・デメリット

PSNowはサービス開始から内容が変わってきています。
例えば 昔はPSVitaやテレビ(ブラビアのみ)からでもPSNowで遊べたんですけど、今はPCとPS4だけになっていたり・・・
さっきも言ったように ゲームのレンタル制が廃止になってしまったり・・・
個人的には、メリットが減っていってるように感じるんですが・・・ とりあえず、PSNowをプレイするメリットとデメリットをまとめてみました。

PSNowの5つのメリット

1.ゲームタイトルが400種類以上と多い

2017年は250種類以上のゲームタイトルだったんですけど 2020年は400種類以上に増えてますね!
こちらから実際にゲームタイトルをチェックすることができます。 PSNowのゲームタイトル一覧

2.定額制なので、すべてのゲームが遊び放題

気になるゲームがあって買ったけど、意外と面白くなくてすぐに売ってしまった。
このRPGはおもしろかったけど、1回クリアしてからはぜんぜん遊んでない
こういう経験がある人は多いんじゃないでしょうか?
PSNowは定額制なので 選んだゲームがおもしろくなくても損しないし RPGは1回クリアしたら満足っていう人にとっても、コスパはいいと思います!

3.プレステ本体がなくてもゲームをプレイできる

パソコンがあれば、PS4本体がなくてもPS4やPS3のゲームをプレイできます!
プレステ本体を買わなくてすむので ふだんあまりゲームをしないライトユーザーにはうれしいですね!
ただし・・・コントローラーが必要です。 プレイステーションのデュアルショック3か4を購入しないといけません。 いろいろ調べてみると、プレステ専用コントローラーじゃなくても作動するとか 作動しなかったとかいう記事をいくつか発見しました。
もちろん 正常に作動するコントローラーもあるんでしょうけど・・・ 失敗したくないので ぼくは中古で正規品のデュアルショック4を買って何の問題もなくプレイしています。
コントローラなど、PSnowを始めるための準備は、このあとで詳しく紹介しています。

4.自宅で好きなゲームを選んで、すぐプレイできる

400種類以上ある中から面白そうなゲームを選んで 「あれ、なんかイメージと違うかなぁ・・・」 と思ったら、すぐ次のゲームを選んでプレイする!
あたりまえかもしれないですけど、これはやっぱり便利ですね。

5.PS4にゲームをダウンロードして遊べるようになった

パソコンは無理ですけど、PS4ならゲームをダウンロードして遊ぶことができるみたいです。 ダウンロードしておけば 回線が混雑している時間帯でも快適にプレイできそうですね!
ただし ダウンロードしても、課金終了したらそのゲームでは遊べないので気を付けてください!

PSNow4つのデメリット

1.動きがカクカクすることがある

2年くらい前だと、PS4のゲームをプレイ中に強制終了したりすることもありましたが、2019年に課金したときからそういうトラブルはなくなってました。 たま~~にカクカクすることがありますが、基本的にはぜんぜん普通に遊べました!

2.数は多いけど、有名タイトルは少ない?

最近、あまりゲームをやっていないのであれなんですけど 個人的には知らないゲームがほとんどで 結局、前やったことがある続編とか、聞いたことあるタイトルからゲームを選ぶ感じになってます。
レンタル制があったころは、ファイナルファンタジーとか有名なゲームが結構多かったんですけど 定額制になったと同時に、いくつかのゲームも消えていったようです・・・切ない。
でも 別に有名じゃないとしても、それがいけないのではなくて 有名じゃないから、面白いかどうかがわからなくて、選択肢に入りにくいのがいけないんじゃないでしょうか?
「やってみたら意外と面白い?」というゲームもあると思います!
この、地球防衛軍4っていうゲーム。 ぼくは知らなかったんですけど、試しにやってみたらハマってましたw たぶん、今回の課金でいちばん頑張ったゲームです。
このゲーム、ユーザー評価で☆4.5だったので試してみた結果当たりでした。 ゲーム選びで迷ったら、☆を参考にしてみたらいいかもしれないですね!

3.けっこうギガを消費する

PSNowはストリーミング再生なので、ゲームをプレイするたびにネットワークを使用してしまいます。
自宅まで回線を引っ張ってきてるネットワークサービスなど ネットワーク使用量に制限がないものなら気にならないんですけど ぼくと同じように、もしあなたが Wimax(モバイルインターネット)のような、ネットワーク使用量に制限があるサービスを利用している場合は注意したほうがよさそうです。
Wimaxの場合、3日で10GB以上ネットワークを使用すると、回線速度に制限がかかってしまいます。
これはだいたいの数字なんですけど ゲームを2~3時間プレイしてたら、ネットワーク使用量が2~3GBくらい増えていました。
モバイルインターネットだと、ネットワーク使用量に制限があることに加えて 回線速度が一時的に不安定になることもあるので、オンラインゲームなんかは特に不向きだと思います。
PSNowで遊ぶのに必要な回線速度は?

公式ページでは、5Mbps以上の速度があればいいと書いてあります。
ゲームをプレイしているしばらくの間、実際にPSNowに消費した回線速度を測ってみたんですけど だいたい5Mbps~11Mbpsでした。
自宅固定の光回線とかなら余裕でクリアできる数字でしょう。 うちのWimaxでも、だいたい10~30Mbpsくらいはあるので、そんなにストレスなくプレイできてます。
こちらで、あなたの今の回線速度をかんたんに測定することができます。

4.PCから始めるときはコントローラを買わないといけない

「PCから遊べるんだったら、ちょっと試してみるか!」
こんな風に気軽に試せると思ってる人もいると思うんですが PCで始める場合は、コントローラを準備しないといけないのでそんなに気軽にはできませんw
PS4のコントローラなんか、中古でもいまだに4000円以上するし PS3のコントローラですら、Amazonで2500円以上しか見つけられませんでした。

PSNowってどんな人におすすめ?

ぼくがPSNowを始めたきっかけは、ゲームの単品レンタルがあるからでした。 ゲーム本体は持ってないけど、ちょっと空いた時間にゲームをレンタルしてPCで遊ぶ。 PSNowは、そんな感じのライトユーザー向けのサービスなんじゃないかなと思っていました。 その頃から定額制もあったんですけど、今は定額制しかありません。
そして PSNowを選ぶかどうかで重要なのが、定額制の月々の料金が1180円だというところです。
月額1180円分遊ぼうと思ったら、毎月それなりの時間をゲームに費やさないといけなさそうです。 でも、それなりにゲームをやる習慣がある人って すでにPS4の本体持ってて、いつも自分がプレイしたいゲームを探して、買い集めるのが普通じゃないでしょうか。 そういう人からすると、PSNowへ課金するお金も、PSNowで遊ぶ時間もないような気がします。
かといって 毎月1180円の定額制は、ライトユーザー向けのサービスでもないと思います。

PSNowはこんな人におすすめ

個人的にPSNowって、ライトユーザー向けでもなくヘビーユーザー向けでもないサービスだと思ってるんですけど じゃあいったい誰に向けたサービスなんでしょうか・・・?

今回、久しぶりに体験してみた結果 PSNowは、「短期間だけヘビーユーザーになりたい人」向けのサービスだと思いました。
例えば ぼくは今回、まとまった休みの年末年始を利用して、短期間だけヘビーユーザーになってます。
他にも、お盆とか、学生の夏休みや春休みなら、短期間だけヘビーユーザーになるとよさそうです。
PSNowを課金するかどうかのポイントは、月々の料金1180円が高くないと思えるかどうかだと思います。 短期間だけ集中的に遊べば、コスパがいいサービスになるかもしれません!

PSNowのメリットを生かせて、デメリットの被害がない人

さらに さっき紹介したPSNowのメリットに当てはまって、デメリットに当てはまらない人はもっとおすすめです。
例えば 「PS4本体は持ってないけどPCは持っている」
「短期間でいろんなゲームで遊んでみたい」
「インターネット環境が安定しててデータ使用量の制限がない」
「コントローラをすでに持ってる、または借りる当てがある」
っていう人にはよさそうです。

PSNowの始めかた


PSNowのはじめかた 1.必要なものを準備する 2.PSNowの定額制に課金する 3.PSNowをインストールして好きなゲームで遊ぶ
PSNowを始める手順はこんな感じでシンプルです。
ぼくはPS4を持っていないので、今回はパソコンでプレイする場合の方法を説明します。

準備するもの

1.プレイステーションネットワーク(PSN)のアカウント

こちらからPSNのアカウントを無料で作成することができます。

2.PCとPS3かPS4のコントローラ

パソコンの推奨スペックはごらんのとおりです。(クリックで拡大) 「これを見ても、自分のパソコンと比較できない・・・」 こういう人は多いと思います。 ぼくも自分のパソコンのことをよく知らずに課金したんですが、運よくほとんど問題なく動いてくれました。 そのとき使用したパソコンが、2015年に購入した10万円台の普通のノートパソコンです。 参考程度にしかならないかもしれないですが、これより年代が新しくて高価だったり、ゲーム向けのパソコンならたぶん問題ないんじゃないかと思います。
コントローラはPS3かPS4の専用コントローラがおすすめです。 それ以外のコントローラでも動くものもあるようですけど、保証はできません。 デュアルショック3ならAMAZONで2500円くらいで売ってますが、無線に対応してないので、別にUSBコードも必要です。 デュアルショック4は無線に対応してますけど、別で3000円くらいのワイヤレスアダプターを買わないといけません。 なのでデュアルショック4でも、USBコードを準備して有線にしたほうがだんぜん安いです。

PSNowに課金する

まず、PSNowに課金する前に「お支払方法」を設定しないといけません。 PSNowのトップページからMyPlaystationにサインインすると、上のような画面があるので、四角い顔の部分をクリックしてください。 すると、こんな画面が出てくるので「支払い管理」をクリック。
支払い方法は
  1. クレジットカードかデビットカードの登録(最大3つ)
  2. Papalの登録(最大1つ)
  3. モバイル決済
  4. PSNまたはPSNowカード
①と②はクレジット番号など支払情報を登録しないといけませんが、チャージせずウォレット残高がなくても自動で料金が引き落とせるので便利です。
もちろんチャージもできます。
③はスマホアプリに課金するときに、ドコモなどスマホのアカウントを通して支払をする方法と同じです。
「チャージ(入金)する」をクリックすると、こんな画面になります。 ここで「モバイル決済」をクリックすると、チャージ額や決済するスマホの情報を入力したあとにチャージが完了します。 ただし、ドコモ・AU・ソフトバンクしか対応していないので、楽天モバイルや格安スマホだと利用できないので注意です! ④はコンビニなどで売ってるこういうカードを買うパターンです。PSNカード/チケットの番号の入力」をクリックすると、12桁のコードを入力する画面に移動するので、入力が終われば購入したチケットの金額分がチャージされます。 支払い登録が完了またはウォレットへのチャージが終わったら、PSNowへ課金しましょう。 こちらから利用権を購入することができます。 1ヵ月1180円なので、チャージするときは少なくとも1180円がウォレットの中に入ってないといけません。 ちなみに、PSNowをプレイするだけならPSNowカードのほうが使いやすいです。 PSNカードは3000円などきりのよい金額でしか買えませんが、PSNowカードだと1180円など利用権の価格に合わせた設定で売られているのでムダがありません。

PSNowをインストールして好きなゲームで遊ぶ


まずはPSNowアプリをPCにインストールしないといけません。 こちらからPSNowアプリをダウンロードして、PCにインストールしてください。 PSNowのPCアプリをダウンロードする

ダウンロードしたセットアップファイルをクリックしたらこんな画面がでるので、どんどん次へを押していけばアプリのインストールは完了します!
インストールが完了後、自動的にPSNowのアプリが起動します。 すると、こんなかんじでたくさんのゲームがでてくるので、自分の好きなゲームを選んでプレイしてください!

PSNowの解約の方法

PSNowを始めたけど、どうやって解約したらいいんだろう・・・」
始めたはいいけど、解約しようした時にどこですればいいかよくわからないのが定額制サービスです・・・
ウォレットにチャージしてたお金がなくなれば、自動更新されなくなりますが クレジットカードなどを登録していると、自動的に契約が更新されてしまうので辞めたくてもやめられない状態になるため危険です。 PSNowのトップページから四角い顔をクリックすると「定額制サービス管理」という項目があるので、クリックしてください。 すると、こんな画面に移動します。 PSNowが自動更新中なら、こんなふうに「自動更新を無効にする」と表示してあるので、それをクリックします。 ここで、確認を押してもらうと 自動更新を有効にする」に切り替わりました! つまり、この状態が自動更新が停止しているという状態解約した状態だといえます。 ちなみに、PSNowに課金すると「自動的に定額制サービスを更新、またが予約注文コンテンツに対して支払う」というバーが こんなふうに自動的にONになります。 そしてこれを手動でワンタッチOFFすることもできますが・・・ なぜか、さっき説明した定額制サービス管理の無効と有効が切り替わらないのです。 ここを切り替えただけでは、もしかしたら定額制がストップしたことにはならないかもしれないので、注意してください。

まとめ

今回で4回目、1年ちょっとぶりのPSNowの課金でしたが 月額が2500円から1180円と半額以下になってたので、だいぶ遊びやすくなったんじゃないかという感じがします。
連休に短期間だけがっつりゲームをやってみたい人
PCしかないけどPS4やPS3のゲームがしたい人
PSコントローラを持ってる、または借りるあてがある人
インターネット回線が安定してて通信制限がない人
こういう人にPSNowはおすすめです!