マルチクイックには大きな違いが2つある



こちらは1年以上前に僕が購入した

ブラウンマルチクイックMQ535という種類です。

マルチクイックには他にもたくさん種類がありますけど

種類ごとの大きな違いは

  • 機能の数
  • コードレスかどうか

でしょう。

もしかしたらパワーとか使いやすさも変わってくるかもしれませんが

明らかに違うといえるのはこの2つです。

種類によって機能の数が違う



たとえば

僕が愛用しているMQ535はこれらのパーツがついていて

できることは

「つぶす」「混ぜる」「刻む」「泡立てる」の4つです。


それに対して

マルチクイックMQ775という種類は

上の写真でいうところの

ハンドブレンダーとジュースを作るときの計量カップしかついてません。

なのでMQ775でできることは

つぶす」「混ぜる」だけです。


また、反対に

マルチクイックMQ5075という種類は

「つぶす」「混ぜる」「刻む」「泡立てる」に加えて

「スライス」「千切り」

さらに生地づくりに欠かせない「こねる」という

7種類ものできる機能を持っています。


きゅうりや玉ねぎのスライスや大根の千切り

パスタやピザ、パン生地を作る人ならこっちのほうがよさそうですね!

コードレスのマルチクイックがだんぜん便利



このように

残念ながら僕のマルチクイックMQ535はコード付きです・・・

購入するときはぜんぜん考えてなかったところですが

もしあなたがマルチクイックの購入を考えているなら

だんぜんコードレスをおすすめします!


というのも

ハンドブレンダーのメリットって

鍋の中で直接具材を混ぜたり潰したり

持ち運びが便利で手軽なところだと思ってます。

なのに、コードに制限されて鍋までブレンダーが届かない・・・

とか十分に考えられますよね。

うちの自宅でコンロにいちばん近いコンセントといえば

対面カウンターの向こう側の壁についてます。

上の写真で見れますが

写真のいちば~ん奥に見える

ケトルの黒いコンセントが刺さってるところです。

幸い、ギリギリ鍋に届く位置にあったのでよかったんですが

この点は購入前に十分注意しておきたいところです。

ちなみに

うちのハンドブレンダーのコードの長さは130cmでした!


コードレスだとパワーが落ちるのでは?

と思うかもしれませんが

他のサイトのレビューを見てみると

どうやら安定のパワーを持っているようです。

また充電スタンドもついているため

使わないときに立てておけるのもとても魅力的です!


もちろんいちばんいいのは

たくさん機能がついててコードレスなマルチクイックですが

さっき紹介した7種類のMQ5075は楽天で13000円くらいの価格で

僕のMQ535は7000円くらいです。

僕は
「つぶす」「混ぜる」以外にも

「刻む」「泡立てる」機能が欲しかったのでMQ535を選びました。

こっちの記事では

実際にマルチクイックMO535を使ってみたレビューを紹介しています!

マルチクイックの愛用レビュー!何でもカンタンに作れる3つの機能とは?


なので

あなたがどんな機能をもとめているのか

キッチンの環境を考慮してコードレスが必要かどうか

この2つを値段と交渉しながら

あなたにあったマルチクイックを探せてもらえたらと思います!