「Kindleオーナーライブラリーが何なのかよくわからない」

「スマホからでも読むことができるの?」

「オーナーライブラリー対象の本だけを検索できない・・・」

Kindleオーナーライブラリーとは
Amazonプライム会員の特典のひとつで、対象の本の中から、毎月無料で1冊読むことができるサービスです。

でも
読める端末が限定されてたり、対象の本がわかりづらかったり
個人的には、使いづらい特典だなーと思っていました。

そんなときに、プライムリーディングという、プライム会員向けの新しい特典が始まりました。

このプライムリーディングは、オーナーライブラリーと違って、対象の本が読み放題のサービスです。

プライムリーディングが始まってからというもの、オーナーライブラリーの存在感はどんどん薄くなっていってます。

Amazon公式ページの中でも、「オーナーライブラリー」っていう文字を探そうとしてもやっと1か所見つかるくらいです。

なので

最近Amazonプライムを始めた人は、オーナーライブラリーの存在を知らない人がほとんどなんじゃないでしょうか。

そんなKindleオーナーライブラリーですが

実は、プライムリーディングと比べて読める対象本がかなり多くて、使える特典だと知っていましたか

この記事では

「オーナーライブラリーがどんな特典でどうやって使うのか?」

「対象の本をどうやって検索できるのか?」

この2つについて詳しく説明しています!

まずは、オーナーライブラリーが何なのか整理しておこう!

Kindleオーナーライブラリーとは
対象の本の中から、1ヵ月に1冊無料で本が読めるAmazonプライムの特典のひとつです

ただし
オーナーライブラリーを使うには、ひとつ条件があります。

それは
Amazonオリジナル端末の「キンドル」か「ファイヤー」からじゃないと読めないことです。

もちろん、プライム会員であることが前提のサービスですが、会員についてよく知らない人はこちらの記事がおすすめです。

オーナーライブラリーで読める対象の本は、和書2万冊以上、洋書60万冊以上です

「2万冊って多いの?」


数だけじゃ多いかどうか分からないと思うので

オーナーライブラリーのライバル、プライムリーディングと対象本の数を比べてみましょう!

オーナーライブラリーとプライムリーディングの違い

プライムリーディングとは
Amazonプライム特典のひとつで、対象の本だったら無制限に本を読むことができるサービスです

オーナーライブラリーが毎月1冊しか読めないのに対して
プライムリーディングは何冊でも読むことができます(ただし同時ダウンロードは10冊まで)

また、オーナーライブラリーと違って
ワンクリックですべての対象の本を検索できることができるので、とても使いやすい特典なんです

「じゃあもう、オーナーライブラリーっていらないんじゃない?」

でも
オーナーライブラリーとプライムリーディングには決定的な違いがあるんです。

それが、「対象本の数」です。

オーナーライブラリーは和書2万冊以上が対象なのに対して
プライムリーディングは和書洋書合わせて数百冊しかないんです。

どちらも無料で本が読める特典ですけど
オーナーライブラリーでしか読めない本が2万冊くらいあると知ったあなたは
この特典を使ってみたくなったんじゃないでしょうか?

Kindleオーナライブラリーの使い方

ここまで、オーナーライブラリーを使うための条件など、オーナーライブラリーについて整理してきました。

オーナーライブラリーがどんなものかわかれば、使い方はカンタンです!

まず、キンドルかファイヤー端末からキンドルアプリを開きます。

上の写真はファイヤー端末のものです。

キンドルかファイヤーからオーナーライブラリー対象の本へアクセスすれば
無料で読むというボタンがあるので、それを押してください。

すると、勝手にダウンロードが始まって端末にその本が保存されます。

保存が完了したら、あなたがその本を返却するか、Amazonプライム会員を終了するまでずっと読むことができます。

オーナーライブラリーで無料で本を読む手順はたったこれだけです!

ちなみに
写真のように、「無料で読む」の下に「オーナーライブラリー」と書かれているのは、オーナーライブラリーだけ対象の本です。

同じ場所に「prime」マークがついているものは、プライムリーディングにも対応しているものです。

プライムリーディングは対象の本なら全部読み放題なので

オーナーライブラリーを上手に利用するために「オーナーライブラリー」と書かれている本を選びましょう!

古い本を返却して、新しい本を読むには?

オーナーライブラリーは、同時に1冊しか本をダウンロードできません

本を1冊所持してる状態で次の本の「無料で読む」押すと、こんな警告が表示されます。

 

新しい本を利用するには、現在利用している本の利用をコンテンツおよびデバイスを管理で終了してください

つまり

「今持ってる本を返却してから、新しい本を選んでね」

ということですね。

また、持ってる本を返却しても、1か月に1冊しか読めないという制限もあります

これにひっかかるときも新しい本は選べないので注意してください。

ここまでは理解できたでしょうか?

では、本の返却方法を説明します。

本はパソコンまたはスマホ、ファイヤーアプリからAmazonにアクセスしないとできません

いちばん簡単な方法は
ファイヤーアプリから、さっき説明した警告文の「コンテンツおよびデバイスを管理」リンクの先で本を返却することです。

「キンドルしかもってない人はどうすれば?」

キンドルは本を読むか、買うかしかできない端末です。

なのでその場合は、パソコンかスマホからAmazonにアクセスしないといけません。

ここからは、パソコンまたはスマホから本を返却する方法を説明します。

まず、AmazonTOPページから「アカウントサービス」をクリックします。

その中で、「コンテンツと端末の管理」をクリック

すると、あなたが今までAmazonで購入してきた本や、現在プライムリーディングやオーナーライブラリーでダウンロードしている本が全部表示されます。

その中で「Kindleオーナーライブラリー」と書かれてる本が、あなたが現在オーナーライブラリーの特典を利用して無料で読んでいる本です。

返却したい本の「アクション」というところをクリックすると

こんなふうに本の情報が表示されます。

ここで、「この本の利用を終了」を選べば
この本が一覧から消えて、本を返却することができます。

本を返却した状態で翌月になれば、また新しく本を1冊ダウンロードできるようになります!

オーナーライブラリー対象の本を検索する方法

実は・・・

すべてのオーナーライブラリー対象の本だけを検索することはできません。(たぶん・・・)

なので、基本的には読みたい本のタイトル名で検索にかけてみて、その本がオーナーライブラリー対象だったら無料でダウンロードするという使い方が基本になります。

でも

どうしても読みたい本が見つからない場合は、630冊だけですけどオーナーライブラリー対象の本を検索する方法があるので紹介します。

まず、PC版のAmazonにアクセスします。

スマホやファイヤーのAmazonアプリからアクセスしても、オーナーライブラリー対象の本を検索するページが存在してなくて検索できません。

なので、PCかスマホで必ずPC版のAmazonにアクセスしてください!

Amazonのトップページにアクセスしたら、一番左上のメニューバーをクリックしてください。

メニュー一覧に「Kindle 本&電子書籍リーダー」という項目があるので、それを選んでください。

下のほうにいくと、ひっそりと「Kindleオーナーライブラリー」という項目があるので、クリックしてください。

これで、対象タイトルの一部を検索できた状態ですが

画面右のほうに「対象タイトルをもっと見る」というボタンがあるので、それをクリックしてください。

するとこのように、オーラーライブラリー対象の630タイトルが検索されます。

PCからだと、オーナーライブラリーは利用できないんでしたね。

なので、検索されたタイトルから読みたい本が見つかったら、キンドルかファイヤー端末からキンドルアプリを開いて、読みたい本のタイトルで検索にかけてください。

オーナーライブラリー対象のはずなので、こんなふうに「無料で読む」を押せばタダで読むことができます!

まとめ

オーナーライブラリーとプライムリーディングの違い

最後に、表でオーナーライブラリーとプライムリーディングを比較してみました。

そして、オーナーライブラリーの使い方のまとめはこちら。

オーナーライブラリーの使い方

  • プライムリーディングで読みたい本を検索
  • なければオーナーライブラリーで検索
  • なければ対象630冊の中から選ぶ
  • オーナーライブラリー対象の630冊はこちら